七輪BBQ!ただ、うますぎる赤身肉。

うますぎる。

赤身肉をバーベキューでおいしく食べたい…。

ただそれだけ、されどそれだけ。

赤身肉を七輪炭火で焼いて、焼いたそばから食べていく。

柔らかーいのに、噛めば噛むほど味が滲み出てくる。

こんな贅沢な時間があっていいのか…というほど、笑みが溢れるおいしさでした。

…これを、「うまい。」と叫びたい。

内藤精肉店さんありがとう。

鳳来牛と段戸山高原牛

今回食べたのは2種類のお肉。

鳳来牛と段戸山高原牛。どちらも、愛知県の三河のブランド牛です。

段戸山高原牛というのは、愛知県設楽町というところで、たけうち牧場さんが育てた交雑牛。

鳳来牛は、愛知県新城市で4戸の農家さんが育てている、JAさんのブランド牛。肉質が5等級と4等級のみを厳選し、さらに育て方にも色々あるようです。

内藤精肉店では、自ら生産地に足を運び、作り手の想いを聞くことで共感したものを仕入れているんだとか。

ただ、牛がおいしいんじゃなくて、牛に関わる人がいるから牛がおいしいんだよ。」と内藤さんは言っていました。

じゅわじゅわ〜と肉汁が音をたててます。

七輪にお肉を投入!!じゅわじゅわ〜と焼き上がっていく。

みてください、この断面。うわーー。早く食べたい、早く食べたい。

…焼きあがった。

食べくらべ〜

まあ、どちらも、おいしいんですよね。

心の底から込み上げてくる…「うまい。」

この幸福感は食べてみた人ぞ知る。

人間こういう顔になるもんなんですね…。

口の中でとろけるようなクドさのない脂身と、炭火の香ばしさがたままりませんでした。

2種の違いは、というと、そこまで大きな違いというほどではなかったですが、

段戸山高原牛は、脂身が少なくて、THE!!肉!!という具合に、赤みのお肉感がたっぷり。肉肉しい味わいでした。

鳳来牛は、やはり黒毛和種っていうところで、赤身肉においても、中から程よい脂がじゅわってこぼれます。

より、おいしく食べるポイントを発見。

おいしく食べるポイントとしては、

・赤身肉には、たまり醤油などのお醤油をつけるのがVeryGood。
(ちなみに、内藤精肉店には「お肉によく合う醤油」というのがあります。)

・全部切ってしまうよりも、切ったそばから食べていく…というのが、より柔かで熱々のおいしさが楽しめます。

おうちで、ご家族で、おいしい赤身肉を楽しんでくださいね。

内藤精肉店では、七輪やお醤油など、お肉を楽しむためのグッズも色々そろっていますよ。

「Kodawarin(こだわりん)」では、いい食材の見分け方や、地域に眠っている有名ではないけれどおいしい食べ物などを、作る人の物語とともに配信しております!
月1回のこだわり食品プレゼント企画もあるので、ぜひ登録してみてください♪