その他

農業に興味があるなら、まずは副業から始めてみよう。ゆめのたねファーム農業講座。

自分で野菜を育ててみたい、そして、それがお金に変わるなら、これほど嬉しいことはありません。そもそも”農”をして”生計”を立てる、それが “農業” の基本 ではありますが…、とはいえ、仕事としての「農業」を考えると、いきなりそこまでの熱量はかけられない方も多いのではないでしょうか?そもそも、何からやればいいかわからない!なんていうこともありますよね。

そこで、注目したいのが、ゆめのたねファームの農業講座。ここでは、教科書では学べない”農家さんの現場の声”を聞きながら、副業として年100万円を稼げる農業を学ぶことができるのです。

平日仕事帰りに30分、土日は朝2時間、任された自分の畑を管理することによって、みずから農業で稼げるチカラを養える。それが、この講座の見どころです。

「農業に興味はあるけど、どこから始めたらいいの?」「野菜づくりはしてみたいけど、今の生活を投げうって農業で生計を立てるなんてできない。」そんな人にぜひおすすめの講座です。

ただ”お金を稼ぐだけの副業”は怪しいイメージもありますが、農業についての実態を学びながら、農業で稼げるチカラを身につけられるのですね

さっそく農業講座へ。まずは「座学」の時間。

ゆめのたねファームの農業講座では、初めの3〜6ヶ月は座学がメイン。時期によっては、合間のところどころで、畑で一緒に耕運機を使う実習や収穫実習などもあります。

今回は、農業講座の座学編を、のぞいてみましたよ。場所は、愛知県豊田市の「豊田市福祉センター」というところで開かれています。8人の生徒さんが、黙々と、ゆめのたねファームの高木さんの話を聞いていました。

どんな話をするのかなあ…と思いきや、ほぼ農業に関する教科書や知識本などで書かれているような内容は、ほとんどなし。

始まって20分が経ったころ。高木さん自身が過去に育てたトウモロコシの品種とその感想(食味・栽培のしやすさ・おすすめ度)などがズラリ。

いやあ、こんな資料は、教科書では、とうてい公開できません。品種によっては “おすすめ度★1つ” なんて書かれているものもあるので、タネ屋さんに怒られてしまいそうです(笑)

表に出ることのない現場ならではの極秘情報(笑)ありのままの事実を知ることができますね。

ゆめのたねファームの農業講座のおもしろみにはもう一つあります。

それは、農業やったことない方も、農業で生計を立てている方もこの講座に参加し、ざっくばらんに会話ができることです。

高木さんのプレゼンに一区切りがついた頃、参加者のひとりが話し始めました。「うちの地区のトウモロコシは、市場出しても全然高く売れないよ。」

この男性は、愛知県西尾市で農業をしている三上さん。


写真右手前の男性

新規で就農したときから、ゆめのたねファームの高木さんには、栽培のことなどでお世話になっており、都合のつく時は参加されることもあるようです。

まだ農業をしたことのない生徒さんが質問すると、講座を開いている高木さんが回答するだけでなく、若手農家の三上さんも意見を補足をしていました。

熟練農家さんから新規就農者、そしてまだ農業したことない人までが講座を通して交流できるので、色んな角度から農業を知ることができますね。

ゆめのたねファームの農業講座を経て新規就農された新婚夫妻

今回こだわりんが訪問した時に、生徒として参加されていたポージンご夫妻 (ポージン健くんと ポージン友貴さん)

ゆめのたねファームの農業講座の受講を経て、現在は愛知県美浜町で新規就農をされています。

上場企業に勤めていたお二人ですが、自分らしい生き方を求めて農業に興味を持つようになりました。

ノウハウも何も知らない彼らは、2年前に高木さんのもとを訪れます。

農業講座として、約6ヶ月かけて座学と農業実習を学んだあと、ポージンさん達は高木さんの畑の一区画を任されるようになりました。

一区画といっても、300㎡ ぐらい。通常の市民農園は25㎡程度なので、一般的な家庭菜園に比べたらかなり大きめです。

ポージンご夫妻は、農業講座で学んだ基礎と、高木さんからのその時のアドバイスを聞かながら、好きな野菜を育て、そして収穫して売れるように。

「基本、生徒さんには半年間ぐらい講座を受講してもらって、この人なら大丈夫だと思ったら畑を丸投げで任せるよ。」とゆめのたねファームの高木さん。

どの野菜を育てようか、どの価格で売ろうか、そんな風に考えながら、副業としての農業をこなしていきます。

基本的にすべて丸投げなのには正直驚きです。高木さんは「農業は毎年1年生」とよく口にし、臨機応変に考える力を養っているようです。

初めて挑戦した、黄色のカリフラワーが思うよりも高値でうれたことが、ポージンご夫妻の新規就農に向けた自信にもつながったようですよ。これからが楽しみな、若手の農家さんですね。

ゆめのたねファーム高木さんの農業講座は、基本毎月1回、豊田市で開催されています。

農業に少しでも興味のある方は、育てる楽しみや売れる喜びを感じられる農業講座に行ってみてくださいね(^ ^)


講座終了後の様子

お問い合わせは、以下のメールアドレスにお願いします♩
yumenotanefarm@gmail.com

「Kodawarin(こだわりん)」では、いい食材の見分け方や、地域に眠っている有名ではないけれどおいしい食べ物などを、作る人の物語とともに配信しております!
月1回のこだわり食品プレゼント企画もあるので、ぜひ登録してみてください♪


おすすめの記事